会社概要(ABOUT)

昭和32年、東京の杉並に創業した当社は、モノクロ現像のラボから出発し、その後時代の波とともにいち早くカラーミニラボ処理を取り入れ、三軒茶屋において地域に密着し、常に高品質なものをお客様に届けて参りました。その後デジタルミニラボを導入、デジタルカメラやその他のメディアからの短時間でのプリントをご提供。現在は記念撮影のフォトスタジオをメインに証明写真、就職活動用写真の撮影にも力を入れております。今後も常に新しい感覚、高い技術、最新の設備を求め、革新を重ねて努力して参ります。

株式会社マイカラー現像所 代表取締役 山下 聡

会社名株式会社マイカラー現像所
所在地〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋 2-54-3
TEL&FAX03-3410-2511
代表厚生労働省一級写真技能士 山下聡
資本金10,000,000
設立1970年12月7日
事業内容スタジオ記念撮影、証明写真、その他デジタル処理、物品販売
営業時間9:00 – 19:00
定休日日曜・祭日 ※予約済みの記念撮影は別
所属協会日本写真文化協会、日本写真館協会(世田谷支部)、関東営業写真家協会

CSR(当館の社会貢献)

当館はNPO法人 よみがえれ卒業アルバムの活動を支援しております。

NPO法人よみがえれ卒業アルバム設立趣旨

日本は、昔から地震、台風、火山活動等、数多くの自然災害にさらされています。
平成23年3月に起きた東日本大震災は、卒業時期と重なり、数多くの卒業アルバムが生徒の手元に届く前、届いた直後に流失してしまいました。被災された方やボランティアの方々が瓦礫の中から写真を見つけ出し、丁寧に泥を拭う姿や、アルバムを「宝物」として扱っている姿など、「思い出」の大切さは、新聞やテレビで何度も報道されました。そして、その光景や被災者のコメントは今でも私たちの記憶のなかに深く焼きつけられています。
 卒業アルバムは限定出版で、しかも在庫を持ちません。したがって、一度なくしてしまうと二度と手に入りません。現在の技術を用いれば、完全品を複製することは可能ですが、費用を考えると、再び同じものを作ることは事実上不可能です。また、個人情報保護の観点から見ても、委託元の承諾を得ないまま、勝手に複製を作ることはできません。
しかし、もし震災や人災(火災、盗難など)で卒業アルバムをなくしてしまった一般市民が、再び思い出を取り戻すことがでるとしたら、どうでしょう。その人の後の人生に大きな励みとなってくれることは間違いありません。これは今回の震災が私たちに教えてくれた教訓のひとつであると思います。

 事業といたしましては、東日本大震災で被災した平成22年度発行の卒業アルバムの救済を主たる事業といたしますが、以降も一般市民を対象に、震災、人災を問わず卒業アルバムの複製を行い、被災者に安らぎと希望を与えることを目指します。また併せて、個人情報保護などの適正な手順を確立し、安全安心を念頭に置くと同時に、今回の震災から得た教訓を無駄にしないようにして、社会に貢献いたします。

NPO法人よみがえれ卒業アルバム

当館としましてもこの活動内容に賛同し積極的に支援させていただいております。
みなさまの一生の宝物となる卒業アルバムの復活事業の取り組みに尽力させていただきます。

error: Content is protected !!
UA-102218858-1